試験の直前だけではダメ

試験の直前だけではダメ

勉強はしようと思ってもなかなか机に足が向かない、机に座ってもついつい違うことをやってしまう・・・。学生時代からそんな癖が付いていては、勉強もはかどらないでしょう。試験の直前、もうついにやらなくちゃ、と思い腰をあげて一気に仕上げるという人もいるでしょう。それで自分なりには正解の学習法なのかもしれませんが、理想は違います。

コツコツ毎日積み上げてきた結果を試す場所として試験があるのですから、とにかく受かればいいからと直前に追い込むだけの学習法はあまりオススメしません。というのも、試験直前というのは、今までたくさん使って頑張ってきた脳を休ませてあげるのが一番だからです。新しいことをずっと覚えてばかり、吸収してばかりの脳はかなり疲れているといえます。毎日刺激を受けているわけです。そこで、今まで吸収したことをいったん整理して、さらに染みこませるための時間が必要です。脳は休まっている時間にそれを行いますから、直前は新しいことを詰め込むよりも、今まで吸収したものを整理する時間に当ててあげてください。

この直前に詰め込む学習法、ついつい習慣になってしまっている人は必ず矯正しましょう。直前に詰め込んだものは、忘れてしまうのも早いので、勉強した意味がありませんよ。

    Copyright(C) 自分に合った学習法を見つけよう! All Rights Reserved.