見る・書く・話すでしっかり学習

見る・書く・話すでしっかり学習

学習法で一番いいのが、「読む・書く・話す」全てを行うことです。テキストを見ているだけでもダメ、書いているだけでもダメ。読みながら口に出すと、それだけで読むと話すはクリアできますね。それにプラスして、書いてみるといいでしょう。体の色々な部分を使って体に染みこませることで、自然と身になっていきます。

特に外国語の場合、それにプラスして聞くというのを付け加えましょう。外国語として一番必要なのは通常の会話ができるようになることです。いくら書くのが得意だったとしても、相手と会話が成り立たないのであれば、それは意味を持ちません。聞いているうちに自然と覚えられることもあり、会話ができるようになる近道です。単語ばかり覚えていても、文章を作れなくてはいけません。外国語で中心となるのは、聞くことと話すことですね。その2つをまずはマスターしていきましょう。

できるだけ多くの刺激を体に受ける学習法を実践してみてください。気づかないうちに意外と会話ができるようになるかもしれません。また、勉強が身を結ぶのが早いので、勉強なんて面倒、やめたいと挫折してしまうまえに結果を出してしまうのがいいでしょう。楽しく勉強ができるのではないでしょうか。

    Copyright(C) 自分に合った学習法を見つけよう! All Rights Reserved.