適度な休憩をとりながら勉強しよう

適度な休憩をとりながら勉強しよう

勉強するときは集中して行うと思います。しかし、集中力は人間そう長くは持ちません。持って1時間程度ではないでしょうか。集中力が落ちているのに勉強を続けるというのは、あまり効率的な学習法とはいえません。それよりも、5分でも10分でもいいので、少し休憩をして気持ちを切り替えるほうが効率的だといえるでしょう。ただ、あまりだらだらと休憩をしすぎないようにしてくださいね。いったん机を離れてしまうと、次座るのが嫌になる可能性もあります。すぐに気持ちを切り替えれるタイプならいいのですが、苦手な場合は机からは離れないようにするほうがいいでしょう。トイレに行く、飲物を飲むなど、少しだけ気分転換してすぐに机に戻ってください。
座っていると勉強をしようという気持ちにもなります。

また、5分~10分以上の休憩はとらないようにしてくださいね。あまり長い休憩をとると、体も休まりすぎてしまいます。
1時間に1回、5分~10分の休憩をとることができれば、気持ちも脳も切り替わり、また新たな気持ちで集中して勉強ができるようになると思います。

余裕を持って勉強をするために、試験ギリギリなどの勉強はやめましょう。とにかく詰め込むために休憩もとる時間がないなんて、効率が悪いだけです。

    運営者の必見WEB情報

  • 初めて海外への留学を考えていて、どうしても不安が拭いきれない人にも安心の個人面談カウンセリングを積極的に取り入れて、渡航前に不安なことはなんでも相談できる会社を探しているなら留学ドットコムはいかがでしょうか。現地入りした後のサポートにも定評があり真剣に語学を習得したい人に適した環境を作ってもらえるのでお勧めです。

Copyright(C) 自分に合った学習法を見つけよう! All Rights Reserved.